初心者必見! 利用歴10年以上の健康オタクが選ぶ おすすめの有機野菜宅配ランキング!

この2〜3年で「何でも宅配する時代」は当たり前になりつつあります。

従来のネットショッピング以外にも、感染症拡大に伴い、

スーパーでの買い物を避けるために

野菜や食材の宅配サービスの利用が急増しています。

・結婚や出産を機に健康に気を使うようになった

・子供に美味しく安心安全な野菜を食べさせたい

・生活習慣予防や免疫力アップのためにしっかり栄養を取り入れたい

・有機野菜や無農薬野菜に興味があるけど、近くのスーパーでは売っていない

このような理由で宅配野菜を利用したいと思っても、

日本国内の宅配業者は大手企業から個人農家まで数千社以上あり、

どこを利用すれば良いのかが悩みどころではないでしょうか?

「たくさんの宅配サービスがあって何が違うのかわからない!」

「大手企業と個人農家、どちらがいいの?」

「安心安全で美味しい野菜を届けて欲しい」

「ひとり暮らしなので余らせてしまうのではないかと心配・・・」

そんなお悩みをもつ読者の皆様に、

宅配野菜をランキング形式で比較していきます。

目次

宅配野菜を10年利用して思うこと

宅配野菜の主役・有機野菜とは?

「有機野菜=無農薬野菜」ではない

有機野菜と無農薬野菜の違い

本当に安全な有機野菜とは?

有機野菜の魅力

さまざまな宅配業者を独自にランク付け

宅配野菜サービスを選ぶ4つのポイント

おすすめ宅配野菜ベスト5

宅配野菜を10年利用して思うこと

筆者は昔から健康オタクで食材の品質にも拘っているため、

10年ほど前から宅配野菜を利用しています。

基本的にどの宅配会社も有機や無農薬を扱っており、

安心安全でかつ美味しいを売りにしています。

旬の野菜を詰めわせた定期セットなどもあり、

今まで知らなかった野菜を試すことが楽しみにもなりました。

毎週や隔週などの配送ペースを指定したり、

その時々で量や内容を変更できる便利なサービスもあります。

面倒くさい、忙しいなどの理由でつい外食が増えてしまう場合でも、

自動的に送られてくる野菜を消費するために

自炊が習慣化したのも大きなメリットです。

生産者や農薬の使用、放射能検査の結果については

各サイトで情報公開されているため、

事前に気になる内容をチェックすることができて安心です。

また、おすすめのレシピや美味しい食べ方なども紹介されており、

初めての野菜でも悩むことがありません。

詰め合わせの内容は旬の野菜が中心となるため、

季節を感じることができるのも嬉しいポイントです。

宅配業者によっては送料や年間費がかかったり、

一般的な野菜より値段が高いものも多いため、

コスト高になることも考えられます。

但し、注文量によって送料無料になったり、

最短で即日発送してくれるものもあり、

自分の目的にぴったりあったサービスが見つかれば

非常に便利で満足度もアップします。

宅配野菜の主役・有機野菜とは?

有機野菜有機野菜とは、指定の化学肥料や農薬などの「無機質肥料」を使わず、

魚粉や油粕など植物性または動物性由来の「有機物肥料」を使って栽培された野菜のことです。

有機野菜の認定には農林水産省が定めた以下の「有機JAS規格」の条件を満たす必要があります。

  • 植え付けや種をまく2年以上前(多年作物の場合は3年以上前)から、有機肥料での土壌作りを行った田畑で栽培されたもの
  • 化学農薬や化学肥料を使用しない
  • 遺伝子組み換え技術を使用しない
  • 害虫、害獣駆除で農薬を使用しない
  • 周辺から農薬が飛来しないように必要な措置をしている

この有機JAS規格の条件をクリアすることで「有機野菜」として認定され、

パッケージに「有機JASマーク」を表示できるようになります。

「有機野菜=無農薬野菜」ではない

有機野菜は無農薬というイメージがありますが、

実際には化学的に合成された肥料および農薬の使用を避け、

JASが認定している31種類の農薬の使用は認められています。

同じ働きをする農薬でも天然原料であればOK、

化学合成されたものはNGという考え方で、

微生物を有効成分とする殺菌剤など、

「有機」表示のできる農薬が指定されています。

つまり、「化学肥料や農薬の使用が制限されている」のであり、

有機野菜=完全無農薬という訳ではありません。

また、有機野菜の捉え方や方針は農家によっても異なっている現状があります。

JASの規格を満たし、なおかつ農薬も完全無使用の野菜を

「有機野菜」として捉えている農家もあります。

有機野菜と無農薬野菜の違い

有機野菜はJAS認定の農薬であれば使用しても問題ないことになっています。

一方、無農薬野菜は農薬を全く使用せず栽培された野菜のことを言います。

但し、現状では無農薬であることを証明するための

国が定める厳格な基準や規定がありません。

無農薬で栽培したつもりでも、実際には過去に使った農薬が土壌に残っていたり、

近隣の田畑から農薬が飛来したりすることも十分にあり得ます。

現在は、このような曖昧な状況の中で「無農薬」と表記することは

消費者に誤解を与えやすいという指摘から使用が禁止されています。

そこで「無農薬」に代わる表記として定められているのが

「特別栽培」という枠組みです。

農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」では、

「農産物が生産された地域の慣行レベルと比較し、

節減対象農薬の使用回数が50%以下・化学肥料の窒素成分量が50%以下」

という定義が定められています。

つまり、有機肥料を除く農薬と化学肥料の使用を基準値以下に控えた野菜が、

「特別栽培農産物」として認定されています。

参照元:特別栽培農産物に係る表示ガイドライン

本当に安全な有機野菜とは?

有機野菜と言っても色々で、堆肥についても

抗生剤などを投与されて育った牛や豚の糞を使用している場合もあります。

そのため、有機野菜と言っても

農家ごとに方針が全く違っていることが多いのが実情です。

有機JASさえ取得できれば農薬を使用しても良いという考えの方から、

堆肥すらも使用せず完全自然農法が良いという考えの方などさまざまです。

それらをまとめて「有機野菜」と呼んでいるため、

「有機JAS認証」と「無農薬野菜」の両方が明記されていれば

本当に安全な有機野菜と判断して良いと言えると思います。

有機野菜の魅力

安心・安全に食べられる

現代社会において健康のために農薬や化学肥料を完全に避けるのは難しいですが、

それでも人体への影響を懸念すると、できるだけ減らしたいと考える方も多いと思います。

使用できる農薬や化学肥料が制限されている有機野菜は、

通常栽培の野菜に比べて化学物質を取り込むリスクが少なく安心です。

栄養価が高く味が濃い

日本は農薬の使用量が世界トップクラスです。

化学肥料や農薬を過剰に使うと、

野菜の成長速度に肝心のうま味や栄養素が追いつかないことがあります。

そのため、「見た目はきれいで立派だが味は微妙」という野菜が出来上がることも。

対する有機栽培では、意図的に成長を速められることがありません。

これにより野菜は本来の自然な速度で育ち、

濃厚なうま味と十分な栄養素をしっかりと蓄えるため、

野菜本来のおいしさを味わうことができます。

一番栄養があるとされる皮を剥かずにそのまま食べられるので、

捨てるところがほとんどないのも嬉しいですね。

地球環境にやさしい

化学肥料や農薬を使い続けると、土壌が汚染されて行きます。

更には虫や虫を捕食する動物にも危害が及び、

大切な生態系を壊してしまうことにもなりかねません。

使用できる化学肥料や農薬が制限されている有機野菜は、

私たちの体だけでなく地球環境にも優しいのです。

さまざまな宅配業者を独自にランク付け

各業者によって価格帯、安全性基準、

こだわり、アイテム数、配送地域などは異なります。

ネットの口コミでもそれぞれ評価ポイントや好みが違っていて、

当然おすすめしている会社もバラつきがあります。

各業者にはそれぞれ力を入れている強みもあれば、

重要視していない弱みもあったりするので、

一概に「ここの業者が一番!」とは言い切れません。

本ページでは、以下の比較ポイントを元に

宅配野菜サービスを厳選にランク付けします。

宅配野菜サービスを選ぶ4つのポイント

1.価格

品質も大事ですが、やはり価格は気になるところ。

少しでも安く届けてくれる方がありがたいですよね。

宅配野菜サービスを途中で解約した理由として

「予算的に続かなくなってしまったので解約した」という声が多いのも事実です。

そのため、予算内で無理のない範囲で始めるということも大切です。

2.品質(安全性)

宅配野菜は有機や無農薬など品質が良いものを取り扱っているため、

安心安全な野菜が定期的に食べられるという点も大きなポイントです。

口コミでの評価や安全性の表記をチェックしながら、

自分の価値基準を満たしている業者を見つけたいところです。

3.美味しさ

宅配野菜は品質が良い分、味も美味しいのが特徴です。

同じ野菜でも味が濃い、えぐみがなくて食べやすい、薄い味つけで十分など、

食べた時に日頃味わうことができない感動や満足感を得ることができます。

業者によってこだわりの品種などもあるため、

自分のお気に入りを見つけられると良いですね。

4.利便性

スマホで手軽に注文できる宅配業者も増えていますが、

指定の方法でしか申込や変更の受付をしてくれないところもあります。

忙しい生活の中でいかにストレスなく利用できるかは、

長く継続する上で重要視したい点です。

おすすめの宅配野菜ベスト5

1.大地を守る会

公式サイトはこちら

価格 ★★★

品質(安全性) ★★★★★

美味しさ ★★★★★

利便性 ★★★★

おすすめポイント

・独自基準である「大地を守る会有機農産物等生産基準」を掲げ、

安全性が業界随一と呼び声が高い

・農薬不使用率は他社として比べても高い

・放射能は国の1/10の検査基準を設けている

※有機野菜・栽培期間中農薬不使用率 88%(2014年当社出荷実績/野菜)

・40年以上の歴史があり、日本の有機農業のパイオニア的存在で知名度も高い

・宅配野菜で圧倒的な支持と満足度を得ている

基本データ

初回お試しセット:野菜10品+特典付き 1,831円(送料無料)

主なセット商品:畑まるごと野菜セット・5選 1,549円(税込)

年会費/入会費:1,000円(初年度無料)/5,000円(税込・退会時に返金)

全国配送:可能(送料は注文内容や配送地域によって異なる)

2.ココノミ

公式サイトはこちら

価格 ★★★

品質(安全性) ★★★★★

美味しさ ★★★★★

利便性 ★★★★

おすすめポイント

・完全無農薬野菜のみ取り扱い

・各地の気候を生かして育てられたテロワール野菜が人気

・九州および西日本産の有機野菜や無農薬野菜が中心

・野菜の好みを登録すると合った商品をセレクトしてくれる

・珍しい野菜や品種も取り扱っているので楽しい

・比較サイト「mybest」の野菜宅配部門で1位獲得(22年6月)

基本データ

初回お試しセット:選べる野菜8品 1,980円(送料無料)

主なセット商品:特になし(自由にカスタマイズ)

年会費/入会費:なし

3.Oisix

公式サイトはこちら

価格 ★★★

品質(安全性) ★★★★

美味しさ ★★★★★

利便性 ★★★★★

おすすめポイント

・独自基準である「Oisix安全基準」を掲げ、

「作った人が自分の子供に食べさせられるもの」

のみを届けることを理念としている

・農薬ゼロを目指し、輸入品は国産品と同等の安全基準のもののみを扱う

・メディアでも多数紹介され、430万人の利用者を突破(22年8月1日現在)

・「時短と利便性」に特化したミールキットが人気

・1品からでも注文でき、WEBでの手続きが簡単

基本データ

初回お試しセット:野菜7~10品、キット1~2品など計12品 1,980円(送料無料)

主なセット商品:おいしいものセレクト 5,300円(税込)

年会費/入会費:なし

基本データ

初回お試しセット:なし

主なセット商品:S〜Mセット(2,430円〜4,914円)

年会費/入会費:なし

4.ビオマルシェ

公式サイトはこちら

価格 ★★★

品質(安全性) ★★★★★

美味しさ ★★★★★

利便性 ★★★★

おすすめポイント

・「100%オーガニック宣言」を掲げており、取り扱う野菜は全て有機野菜

・放射能は国の1/10の検査基準を設けている

・野菜宅配歴30年以上で深い歴史と信頼がある

・年間費などがかかるものの、定期便は送料込みと購入しやすい

・毎週の利用が難しい場合はお休み設定も可能

基本データ

初回お試しセット:野菜8~9品 1,500円(送料無料)

主なセット商品:多菜セット(2,808円)

年会費/入会費:5500円/2,000円(退会時に返金)

5.らでぃっしゅぼーや

公式サイトはこちら

価格 ★★★

品質(安全性) ★★★★

美味しさ ★★★★

利便性 ★★★★

おすすめポイント

・全国の生産者約2,600件と契約

・独自基準「RADIX」を掲げ、消費者と環境に配慮した商品を販売

・放射能は国の1/2の検査基準を設けている

・定期便で注文した野菜は全て料理レシピ付き

・妊娠中から3歳までの子供がいる世帯、障害をもつ家族がいる世帯は送料無料

基本データ

初回お試しセット:野菜を中心に計11品以上 1,980円(送料無料)

主なセット商品:旬野菜と定番食材コース(5,000円前後)

年会費/入会費:1,000円(初年度無料)/なし

まとめ

いかがでしたでしょうか?

筆者が利用し始めた頃に比べて、

有機野菜の宅配サービスはかなり充実していると感じます。

今回は数ある業者の中でも敢えて5つに絞ってランク付けしてみましたが、

どれも甲乙つけ難かったというのが正直なところです。

「消費者に美味しい野菜を届けたい」

「地球環境に優しいものを作りたい」

「命の恵みを後世に繋いで行きたい」

そんな生産者の思いがたくさん伝わってきました。

まだ宅配野菜を利用したことがないという方は、

ぜひお気に入りのサービスを見つけて

ベジタブルライフを満喫してみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ログイン
*
*