【みんなで農家さん】バナナでFC型シェアリング農業【農家になりたい人向け】

taitle

【みんなで農家さん】バナナでFC型シェアリング農業【農家になりたい人向け】

唐突ですが、ご覧になっている皆さんは『みんなで農家さん』という会社をご存じでしょうか。

「AGREVO農法」(アグレボ農法)と呼ばれる農業技術を用いて、日本の気候では本来は生育・栽培が難しい熱帯果樹栽培の普及を行っているアグリバイオベンチャーであり、
理念やコンセプト、FC(フランチャイズ)事業が評判となっています。

東京都千代田区麹町に本社があり、代表理事は「都市綜研インベストファンド株式会社」の代表取締役や、「みんなで大家さん販売株式会社」を経営・資産運用のサポートも務めておられる栁瀨健一さんです。

『みんなで農家さん』は、無農薬バナナやコーヒーといった農作物の普及・販売を行っている一般社団法人となっています。
また、FC(フランチャイズ)型シェア農園も展開していて、農業事業オーナーと専属スタッフの共同栽培で農業事業をおこないます。

農家になりたい人向けに、『みんなで農家さん』でのFC(フランチャイズ)事業と、栽培されている無農薬バナナについてご紹介いたします。

『みんなで農家さん』の事業内容とは?

『みんなで農家さん』は、「従来の気候」や「風土」に適した植物を栽培する農業スタイルからの脱却を目指し、気候や天候に左右されずに植物を栽培できる方法・AGREVO農法を採用しています。
それがAGREVO農法です。

人の健康を増進するために革新的農業技術および農法によって食糧(食品)を開発し、生産・普及することを目的とした事業が評判です。

また、新規で農業を始める方たちへ独自農法である「AGREVO農法」を使った、
熱帯果樹農園での新規就農~農園の開設・流通の戦略、買取制度までの流れをサポートし、FC(フランチャイズ)で利益を得られる体制を構築しています。

理念・コンセプト

  • 自然・天然・本然の理念に従う
  • 人の健康を増進するために革新的農業技術および農法によって食糧(食品)を開発し、生産・普及することを目的とする
  • 従来の気候や風土に適した植物を栽培する農業スタイルからの脱却
  • コンセプトは「農業を、変えよう」

取り組み姿勢

みんなで農家さんは、自然科学に基づく革新的な農業を通じて、食品革命を起こします。

人体の自然治癒力・自己治癒能力・免疫力を向上させる農作物を生産する農業を普及します。

農業の三次化、六次化を通じて高付加価値ビジネスモデルを構築し、共生共栄の思想を実践し、会員みなさんの共同の利益を求めます。

引用元:https://www.innovations-i.com/is/18001.html

日本の農業や食料自給率の課題としては、
食糧自給率の改善、耕作放棄地の有効活用、地方雇用の創出、貿易赤字の解消などの経済的効果、輸入作物での遺伝子組み換えやポストハーベスト(収穫後農薬処理)の問題があり、『みんなで農家さん』の事業は健康リスク削減にも繋がります。また、ウクライナ情勢での問題も出てきていますね。

『みんなで農家さん』は、一般社団法人として「農業の復興」と「国民の健康増進」への貢献を目指しています。

なお、一般社団法人とは、
「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」を根拠に設立される非営利法人のことです。
非営利法人である一般社団法人では、利益が出ても社員に分配することはできず、さらに得た利益は定められた活動目的のために使わなければならないと定められています。

AGREVO農法とは?

AGREVO農法はバイオテクノロジーを用いた施肥手法による高機能作物栽培です。
まずはミネラル・酵素・ビタミンの栄養素が豊富に含まれた生きた微生物が生存する最高品質の土壌作りから始まり、最高の土壌・徹底した栽培管理が行われることで、
無農薬・有機肥料を使った農作物を栽培することができます。
これにより、従来は日本のような温暖気候では栽培することが難しかった熱帯果樹が、国内でもハウス栽培することができるようになりました。

栽培できるようになった農作物・展開中

  • バナナ(グロスミッシェル種)
  • コーヒー豆(ティピカ種)
  • 鉢植えシリーズ パパイヤ
  • 鉢植えシリーズ グアバ
  • 鉢植えシリーズ ライチなど

現在は無農薬バナナ・無農薬コーヒー・無農薬鉢植えシリーズに限られていますが、今後もラインナップは増えていくと予想されます。

主力商品 無農薬「神バナナ」

『みんなで農家さん』の主力商品は、甘みと旨みを高めて作られた「神バナナ」と呼ばれる皮ごと食べられほどの安全性がある国産バナナで、このバナナは鹿児島で作られています。
「神バナナ」の由来は地名の川辺町神殿から来ています。

そんなバナナを生み出すために、土壌や肥料、水に至るまでこだわり抜き、皮ごと食べられるバナナにするために完全無農薬の有機栽培を徹底し丁寧に作られています。

バナナのための環境づくり

熱帯地方の植物であるバナナは水が大好き。
バナナを栽培するために専用の培養土を使っています。
この培養土は、保水性がありかつ、水分を含んでもさらさらとほぐれるようなバナナ専用の土を使っています。
バナナは熱帯気候のような高温高湿度の環境でよく育つため、湿度維持目的のために夏場は1日0.5haあたり20t~40tの水を撒きます。
冬場の寒い時期はハウス内で管理、日中天気のいい日に水を与え、夜は暖房で適度な湿度の保持を行っています。

FC(フランチャイズ)型シェア農園

家庭菜園や植物を育てた経験がある方であれば、未経験からいきなり農業を始めるのは「容易ではなさそう」というのはなんとなくわかると思います。
脱サラを考えているのであれば、開業前に資金をためておき、貯蓄が尽きる前に農業を軌道に乗せられるように作物を育てる技術や畑の管理方法を習得しておく必要もあります。

技術を習得するとするならば、全国就農センター、各地のJAグループ、各地方自治体などといった公的機関から新規就農支援を受けられたり、未経験から農業を始める方法は色々なパターンがあります。

そのなかでも他とは違う手段で新規就農支援を行うのが、『みんなで農家さん』でのFC(フランチャイズ)型シェア農業です。
FC(フランチャイズ)形態でスタートできるのは魅力的ですね。

『みんなで農家さん』で農業を始める際には2種類の方法があります。

  1. 『みんなで農家さん』が用意したシェア型農園を出資額にあわせてハウスを区分所有。 そして、農業技術を学びながらハウス栽培を始める方法。
  2. ご自身で農地・土地を購入。 そして、『みんなで農家さん』がその土地に最適なハウスの建設する方法。

どちらの方法で始めるにしろ、栽培に欠かせない国産バナナの苗は『みんなで農家さん』の同グループ・バイオテクノロジーセンターから届けてもらえます。

FC(フランチャイズ)型シェア農園でのサポート内容

『みんなで農家さん』はこちらですでにお伝えしたように
新規農業を始めたい方に対して、AGREVO農法を使った熱帯果樹の新規就農~農園の開設・流通の戦略、買取制度までの一連の流れをサポートしています。
サポート内容は以下となります。

  • ハウス開発・苗の提供
  • 栽培技術の共有
  • 販売・流通のサポート

ハウス開発・苗の提供

『みんなで農家さん』が、その土地に最適なハウスの建設しさらに、『みんなで農家さん』が用意したシェア型農園を出資額にあわせて区分所有することもできます。
何よりも大事な、栽培に欠かせないバナナの苗についてはバイオテクノロジーセンターから届けられます。

栽培技術の共有

『みんなで農家さん』の専属スタッフが栽培を徹底サポートしてくれます。
また、提携バナナ農園が技術面でのサポートをしてくれるので、未経験からの就農でも安心です。

販売・流通のサポート

バナナスムージー専門店「バナナの神様」が買取予定ですが、買取に関する条件やリスクは後日公開とのこと。

「バナナの神様」は、自由が丘、原宿の旗艦店を中心に、関東地方でFC(フランチャイズ)店舗も次々と出店していっています。

「バナナの神様」では、ギフトセットとしての販売(ネットショップ)の他、バナナスムージーとして実店舗で歌や踊りのショーといっしょにバナナを販売しています。
このキャスト達は、「バナナの神様」というアーティスト名でCDデビューや舞台デビューしており、メディアでも取り上げられています。
Youtubeでも見れますので是非検索してみてください。

さいごに

『みんなで農家さん』でのFC(フランチャイズ)事業もしくは、無農薬で栽培された「神バナナ」について少しでも興味を持たれたのではないでしょうか。

土壌改善から取り組み、無農薬・自然肥料を使った農法が広まれば、日本国内の食の安全にも貢献できると思います。

『みんなで農家さん』という会社や「AGREVO農法」、「神バナナ」の認知度も高まればFC(フランチャイズ)型シェア農園に参画される方も増えるはず。

また、地球温暖化への対応や、食料自給率を高めるためにもとても良い手段かと思いますし、
日本の農業を復興させ、食の安全化のためにも是非とも発展していってほしいですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ログイン
*
*