新規就農の流れ

農業に興味をもっても、実際にどうやって始めればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで、農業を始めるときの具体的な手順や注意すべきことについてご紹介します。

STEP.1 就農相談&情報収集

農業を始める第一歩は、『農業を知ること』からです。まずは就農したい市町村区にある相談窓口に相談して、必要な情報収集をしましょう。

STEP.2 農業体験

就農に関する情報収集ができたら、実際に『農業を体験』してみましょう。市町村区が開催する『農業体験研修』でイメージと現実とのギャップを体感することで、「本当にやりたいことか?」「自分にあっているのか?」を考えましょう。

STEP.3 農業技術・経営管理知識の習得

農業体験を通して『農業を始めたい』と決断したら、今度は就農準備に取り掛かりましょう。

STEP.4 就農候補地の選定

農地を購入したり借りる前に、まずご自身がどんな農園にしたいかをイメージしてから候補地を選定しましょう。栽培する作物によって適した気候や条件がありますが、みんなで農家さんがご紹介する国産バナナの栽培農法は、ビニールハウス内で栽培する為、地域にこだわりはありません。

STEP.5 青年等就農ビジョンの策定

就農準備金を活用して就農研修を行なう場合は、開始時期・開園場所・栽培作物など、農業経営の構想を具体的に記載する「青年等就農ビジョン」の認定を受けましょう。

STEP.6 就農準備研修

青年等就農ビジョンの認定を受けた方を対象に開催している、農業経営に必要な技術を習得させるための実践的な研修制度です。※研修期間はおおよそ1~2年。

STEP.7 資金の計画

青年等就農ビジョンを策定したら、経営開始時の経費を算定します。資金の可能な準備額や必要な借入金額などを算定して、安定した経営を実現させましょう。

STEP.8 農地の確保

就農候補地を決めれば、次は農地の確保です。農地なくしては農業を始めることができないので、市町村の相談窓口で、早めに紹介してもらいましょう。

STEP.9 住宅の確保

就農予定地の市町村を通じて、農地に近い住宅を紹介してもらうことができます。ただし家賃や立地など、ご自身の条件に合った住宅が見つからない場合もあるので、注意が必要です。

STEP.10 青年等就農計画の策定

就農地、営農類型、目標農業所得、目標労働時間、生産量など、経営開始から5年後の目標を記入しましょう。

STEP.11 認定新規就農者

青年等就農計画を就農予定地の市町村に提出したあと、市町村から認められれば晴れて「認定新規就農者」となることができます。

STEP.12 農業機械、施設の取得

新規就農の場合は、農業機械や土地、苗などの購入が必要の為、3-4千万円の初期費用が発生します。また農業関連の融資は、審査が厳しい為簡単には通過しません。みんなで農家さんでは、こうした資金面の支援として、他の会員様と共同栽培を行なう「成田シェアバナナ農園」のサービスをご提供しています。

ログイン
*
*