Minnadenoukasan

ご挨拶

農業を、
変えよう

植物には、それぞれ生存に適した気候があるとされ、人類は各地の気候や風土にあった植物を、ヒトの役に立つ「作物」として栽培し、食糧や資材として活用してきました。
食糧の生産はいわゆる「農業」と呼ばれる産業として確立されるなか、あらゆる効率化が進められてきましたが、気候を大幅に克服する技術には限界があるとされてきました。

その常識を破り、例えば熱帯植物の育成・栽培が温帯の日本国内で効率的かつ安全に可能となれば、植物を生産する産業=農業は大きく変わります。

我々は、氷河期を乗り越え、世代を繋いだ植物のチカラに着目。
植物自身が本来持っている順応性を最大限に活かし、植物の栽培可能地域を塗り替える夢の技術。それが、アグレボ農法です。

アグレボ農法が
もたらすもの

アグレボ農法を用いれば、主に暖かい国から輸入されている作物を国産化する事が可能となり、この技術は「農業の復興」と「国民の健康増進」に大いに寄与することができると考えております。
戦前に食料自給率を高い水準で保っていた我が国日本は、数十年の間に食糧輸入国となり、日本の農業は衰退の一途を辿ってきました。いま、日本の農業を復興させることは、「耕作放棄地の有効活用」「地方雇用の創出」「食糧自給率の改善」「貿易赤字の解消」などの経済的効果の他にも、輸入作物で問題となっている「遺伝子組み換え」や「ポストハーベスト」による健康リスクを改善する事にも繋がります。

あらゆる植物の遺伝子を覚醒して、

  1. 成長スピードが2〜3倍になる
  2. 耐寒性を発現して南国のフルーツや植物を日本で生産できる様になる
  3. 収穫量が増大する
  4. 遺伝子情報の変化で新たな成分が発現し、食物の品質が格段に向上する

これらの農業作物の性能向上により、日本の農業生産性が数倍から数十倍に引き上げられ、儲かる農業が実現出来る。

日本が農業立国として優れている訳

本来、我が国日本は世界的に農業に適した場所です。
特に地球規模的な水不足は、幸い日本にはその懸念がなく、世界的に優良な農産地になれる可能性が有ります。温暖化で日本の耕作地で栽培されている既存作物の収量減問題もありますが、熱帯植物へ転作すれば、マーケットは世界へ広がります。
熱帯作物の栽培上での優位性は、熱帯果樹は糖度が高く害虫も多い為、海外生産地では多量の殺虫剤と抗生物質が必要ですが、本州ではミバエ等の天敵の害虫が生息できないため、無農薬栽培が可能な点です。

我々の
ミッション

みんなで農家さんは、アグレボ農法を用い、日本国内で栽培可能となった熱帯果樹の普及をおこなうアグリバイオベンチャーです。

みんなで農家さんは、自然科学に基づく革新的な農業を通じて、食品革命を起こします。
人体の自然治癒力・自己治癒能力・免疫力を向上させる農作物を生産する農業を普及します。
農業の三次化、六次化を通じて高付加価値ビジネスモデルを構築し、共生共栄の思想を実践し、会員みなさんの共同の利益を求めます。

ログイン
*
*
登録
*
*
*
Scroll to Top