目次

1.フリーランス農家の一日を解説!自由な仕事内容とは?

2.フリーランス農家とはどんな仕事?

   2-1.スタイルは自由!例えばこんな働き方も?

   2-2.あると便利!フリーランス農家、三つのスキル!

   2-3.どれくらい稼げるの?フリーランス農家の収入

3.フリーランス農家 最初の一歩

   3-1.栽培する作物の候補を決めておく

   3-2.土地や資金についての計画を立てる

4.知っておこう!メリットとデメリット

   4-1.フリーランス農業のメリット

   4-2.フリーランス農業のデメリット

   4-3.フリーランス農業はこんな人にピッタリ!

5.フリーランス農家 まとめ

「田舎で生活してみたい!」

「農業やってみたい!」

「自然と触れ合うライフスタイルを送りたい!」

大都会も刺激的で楽しいのですが、自然あふれる田舎での生活ものんびりした楽しさがあります。

田舎で好きなことをしながらのんびり自由気ままに生きたい!という方にとっては夢のある働き方があります。

それが「フリーランス農家」という生き方です。

本記事では、フリーランス農家として活躍してみたい方のために、多様な仕事の内容や役立つスキル、収入の目安や仕事の探し方などを中心に解説していきますね。

あなたの将来の自由な生活のために是非ご参考にされてくださいね!

『フリーランス農家とはどんな仕事?』

「フリーランス農家」とは、雇われずに個人事業主として活動している農業経営者のことを呼びます。

個人事業主なので働き方から、一日の過ごし方。

規模、事業展開なども自ら自由に設定することは可能です。

特殊な経験を必要とせず、比較的誰でも参入しやすい農業経営。

しかし、実際に結果を出し生計をたてるためには、幅広い、多くの知識は必要不可欠なのです。

「作物を確実に育てるための手順」や「商品の販売戦略」「税金」などなど…。

そして、現実的に収穫や収益を安定させるには、3年から4年ほどのそれなりの期間は見ておく必要があります。

しかし、農業という仕事には「作物の成長が楽しみ」「食文化を支える礎」「多くの人に食を通じて貢献できる」などのやりがいも大きい仕事。

初期投資費用を抑えたり、先進技術の導入を進めたりなどの工夫をしていくことで、事業規模を拡大していくこともできます。

作物と事業を育成していくことは、雇われの身ではない、フリーランス農家の大きな醍醐味とも言えます。

「例えばこんな働き方も?」

フリーランス農家というからには働き方も工夫できます。

一概に自らの畑や農地を拡大するだけが、農家という仕事ではないのが面白い仕事でもあります。

・畑を持たない農家

「農地を所有しないで農業をする」働き方もできます。

収穫の繁忙期を迎えた土地から要請を受けてお手伝いをするスタイルです。

農業のスキルは代わりの人材が見つけにくい上に人材不足が課題ともなっているので仕事の確保に関しては需要はあります。

最も、自分の畑を持てば、収入は大きく上がりますが、その分、収入が下がった時はリスクを負う面もあります。

土地の縛りも時間の縛りもない働き方です。

・他のリモートワークと農業を組み合わせた働き方

現在ではスマホやPCを使えばリモートワークで場所を選ばずに仕事が可能です。

農業をする傍らにライターやアーティストの活動をするという方法もあります。

労働の調整も可能なので、過度な肉体労働を減らすことが可能です。

農業での収入が小さい分は他の仕事で稼ぐというのもひとつの働き方です。

「あると便利!フリーランス農家、三つのスキル!」

フリーランス農家としての活動に特殊な資格は必要ありません。

しかし、だからと言ってなんの知識もスキルもない状態から農業に参入して「簡単に成功できる!」というほど、甘い世界ではありません。

農業経営で長期間、収入を安定させるためにも、あらかじめ以下のような、三つのスキルを磨いておくことをオススメします。

・基本的な農業技術、栽培の方法

・出荷ルートを確保できるスキル

・農業関係者に売り込んでいける必要なコミュニケーション能力

農業経営をスタートしたばかりの時期は、農業に関する技術や栽培方法を身につけたり、出荷ルートの確保などに時間が多く取られます。

経営が軌道に乗るまでにはそれなりの時間を必要とします。

全くの未経験者から農業経営をスタートする場合でも、この三つのスキルを磨いておくことを意識しましょう。

フリーランス農家として早めに成功するのに大いに役立ちます。

稼ぐためには、まずは小規模の事業からスタートし、可能な範囲での事業展開をしていきましょう。

「どれくらい稼げるの?フリーランス農家の収入」

フリーランス農家面白そう!と思われたあなたも現実的に気になるのは「お金の問題」ではないでしょうか?

フリーランス農家の収入は年収にすれば150万程度とされています。

この額を見て「意外と少ない」「十分かな」と感じるかは人それぞれでしょうが、これはあくまでも目安と考えてください。

注意点として、農業経営で得られる収入は、天候などの自然条件にも左右されやすい面もあります。

つまり、天災などに襲われた不作の年もあれば、天候に恵まれて豊作の年もあるわけです。

そのため、毎年決まった収入を得ることが難しいという点もあるので注意が必要です。

農業をスタートしてから、収入が安定してくるまでには、3〜4年程度の期間を見ておいた方が良いでしょう。

そして、扱っている農作物や事業規模によっても収入には差が生まれてきます。

小規模の経営をされている方であれば、年収は数十万程度という人もいます。

しかし、農業経営が成功してしまい、年収1,000万クラスを稼いでいる農家すらいるのです。

この様に、稼げる収入に関しては小さな額から大きな額まで幅広いのがフリーランス農家の醍醐味でもあります。

気ままに好きな作物を育てて、そこそこの収入で楽しく暮らすのもいいですし、儲けやすい農作物を選んでガンガン稼いでいくのも自由です。

フリーランス農業の場合、経営者として決めていくのはあなた自身なのです。

『フリーランス農家 最初の一歩』

さて、それではフリーランス農家という「自由への旅」をスタートするには何から始めればいいのでしょうか?最初の一歩としては「準備」をする必要が出てきます。

「栽培する作物の候補を決めておく」

農業は栽培する作物により、育成の方法や難易度、そして儲けやすいのかどうかも変わってきます。

好きな野菜を育てるのも良いのかもしれませんが、家庭菜園とは違い、フリーランス農家は立派な事業なのです。

作物によっては軽作業で済むケースもありますが、体力を使う重作業になるケースだってあるのです。

あなた自身との相性の良い作物を選んでおきましょう。

「土地や資金についての計画を立てる」

栽培する作物の種類により、栽培方法も変わってきます。

そのため、育ちやすい土地の選別、必要となる機械などの資金も計画をしていく必要が出てきます。

収益が安定するまでには3〜4年程度かかる事も多いのでいざという時の貯蓄も考えておくことをオススメしておきます。

これらのことを充分に準備しておくことで早い段階で軌道に乗せていくことも可能になってきます。

「フリーランス農家の羅針盤!情報収集しよう!」

とはいえ、情報収集をするにも単純に「ググってみる」だけだと、たちまち情報の洪水に溺れてしまいます。

玉石混合の情報が入り混じっているのがネットの世界です。

そこで、しっかりとした情報収集をしていく必要があります。

フリーランス農家として独立を検討するにあたって、情報収集に役立つサイトをご紹介します。

・eMAFF農地ナビ

土地選びのほか、実際に農業経営者として活動するために、役立つ事例集が多数掲載されています。

都道府県ごとの関連団体リンクも紹介されていますから、お住まいの地域の関連団体のことも調べることができます。

https://map.maff.go.jp/

・SMART AGRI

次世代の技術と農業の架け橋である「スマート農業」を中心にまとめたサイトです。IT関連のコンテンツが充実しています。

https://smartagri-jp.com/

・みんなで農家さん

本記事も掲載されているサイトです。本記事以外にも、各種役立つ最新情報を掲載していますのでぜひチェックしましょうね。

「始めよう!フリーランス農家!」

フリーランス農業としての最初の一歩目は、先ほど紹介したフリーランス農家に役立つ情報収集サイトなどを活用して情報収集からスタートしてみましょう。

「全国農地ナビ」などを活用して、農業を始めるための土地選びからスタートするのがオススメです!

農業経営に必要な資金の用意も大切ですね。

農業には国の支援事業や市町村の融資制度がありますので、利用をするのも良策と言えます。

全くの未経験や知識ゼロの状態から、フリーランス農家を志すのであれば、農業のワーケーションや、体験事業などを実施している自治体や事業も増えています。

体験をしてみて、今の自分に足りないものを明確にするのも大切です。

『知っておこう!メリットとデメリット』

フリーランス農家にも、メリット・デメリットが存在します。

あらかじめ両方の側面を知っておけば対策を考えておくこともできます。

「フリーランス農業のメリット」

・学歴や資格が必要ない

特別な学歴、資格などは必要がありません。(あった方が有利な資格や免許は存在します。)

どんな人でもやる気があればスタートすることが可能です。

・作物の成長を楽しめる

一粒の種をまいて、丹精を込めて育てれば、芽を出してやがて大きな実へと成長をしていきます。

大自然の恵みと奇跡を目の当たりにすることは大きなやりがいにもつながるでしょう。

・栽培や農業経営のスキルがつく

栽培のスキルが身につくことで家庭菜園などの趣味にも活かせます。

農業経営のスキルは他の業界でも応用の効くので重宝します。

「フリーランス農業のデメリット」

・独立してから、しばらくは無収入

農業なので、販売していく作物が無い間は無収入の期間があります。

生活費なども必要なので貯蓄などの備えなども重要です。

・天候などの自然条件の影響が大きい

農業は大自然を相手に大地の恵みをいただく仕事です。

相手が大自然であるからには時には天災が訪れてしまい、不作に見舞われることもあります。

・肉体労働も多いので体力は必要

育てる作物にもよりますが、大なり小なりの肉体労働は避けることができません。

近年はIT技術の活用などもできるのでカバーできる方法も考えておきましょう。

「フリーランス農業はこんな人にピッタリ!」

メリットとデメリットを挙げましたが、それではどんな人がフリーランス農業には向いているのでしょうか?

以下の様な特徴の人にはピッタリの職業です。

・作物の育成や成長にやりがいを感じる人

一粒の種から、芽がでて大きな実へと育っていく。

成長していく過程をみて、やりがいを感じれる人は向いています。

・コツコツと地道に継続できる人

農作業は時に地味な作業を延々と繰り返す時もあります。

コツコツと地道に継続できた末、大きくて美味しい実が育ち、市場に流通して「収益」になって返ってきます。

収益になるまでの地道な作業もコツコツできる人は向いています。

・体力がある人

作物にもよりますが、肉体労働が多いのも事実です。

体力がある人には向いている職業です。

『フリーランス農家 まとめ』

フリーランス農家について、解説をしましたがいかがだったでしょうか?

農家の強みというのは「やる気があればスタートはできる」というところです。

かといってやる気だけで成功できるのかといえばそんな甘い世界では決してありません。

「収益の高い作物の選定」「適切な栽培方法」「最先端の技術や情報」などなどの農業経営が有利になる情報には常に敏感なアンテナを張っておくことが重要になってきます。

今、他の仕事に就業されていてフリーランス農家に憧れを抱いている方は是非、新鮮で役立つ情報収集を心がけてください。

当サイト「みんなで農家さん」では、農業が好きな方、農家を志す人、農業従事者の方へ役立つ、最新情報やコラム、体験談などをこれからもお届けいたします。

ぜひブックマークして、あなたの農家ライフにお役立てくださいね。

日本の食文化を支える農業へ、是非挑戦をしてみてくださいね。

おすすめの記事