「一度は農業バイトがしてみたい!」と求人サイトを見ても、

どうやって選んだらいいのかわからないという方には

初心者でも安心な短期バイトがおすすめです。

今回は、最近の農業バイト事情から

短期バイトの魅力や探し方までじっくり解説していきます。

農業バイト事情

農業バイトと一言で言っても、

作業形態は栽培する作物や季節、地域によってさまざまです。

どんな仕事でも、年間を通じて忙しい時期や

そうでない時期があるものです。

そんな中でも特に農業は農繁期と農閑期で仕事量や内容が異なり、

いつも安定して仕事があるとは限りません。

そのため、特に人手が必要になる農繁期に限定して

短期バイトを募集する農家は多いです。

仕事としては収穫や出荷のための梱包作業など、

最初に注意点を確認すれば比較的簡単にできる作業がほとんどなので、

農業の知識がない未経験者でもそれほど心配ありません。

近年、日本の農業従事者数は年々減少傾向にあるのは

皆さんもご存じかと思います。

一方で、過去10年間の新規就農者数は横ばいで推移していますが、

内訳には少し変化があり、新規参入者と新規雇用就農者の割合は増加しています。

これは、農家の法人化や共同経営に乗り出す農家が増え、

正規の従業員として働く人が多くなったことが考えられます。

法人や共同経営が増えた結果、農業バイトの求人は増加傾向にあり、

今やネットやアプリで全国各地で募集がされています。

しかし、従来は地元の人が従事することが多い農業において、

地方の高齢化に伴って離職する人が増えており、

アルバイトの総数で見ると減少傾向にあります。

農業バイトの求人は引くてあまたな状態ですが、

給与の条件が低かったり、

作物の生育状況によって作業が前後したり、

天候との関係で休日が保証されていなかったりなど、

労働条件が厳しめなのも事実です。

もちろん、農業バイトには良い面もたくさんあるので、

農業をサクッと体験できる短期バイトで実情を把握しつつ、

自分に合った環境を見つけるのもひとつの方法です。

出典:農林水産省「農業労働力に関する統計」

農業バイトの種類

農業で働くなら短期バイトがおすすめですが、

ここでは農業バイトの種類と特徴を簡単に解説します。

1.好きな時に働ける単発バイト

最近注目されているのが、1日単位の農業バイトです。

1日単位で仕事を探せるので予定が空いた日や本業が休みの日など、

自分の好きな時に農業体験が可能です。

農業バイトでは夏季休暇などのまとまった休みを利用した

短期の住み込み求人に人気が集まりやすいのですが、

将来的に農業関係の仕事につきたいと考えている方であれば、

実は住み込みではない「通いの単発」で募集をしている求人がおすすめです。

住み込みバイトのメインは収穫作業。

刈り取った作物をダンボールに詰めてトラックに乗せる作業の繰り返しです。

収穫作業は農業の醍醐味ですが、

「農家の仕事をひととおり体験」ということは難しくなります。

しかし、通いの単発バイトであれば、

農業のさまざまな仕事を経験できるメリットがあります。

何度か通って顔馴染みになり、

年間を通じて色々なタイミングで声をかけてもらえる

ようになれたら理想的ですね。

単発バイトは募集が少ない傾向があるため、

求人サイト以外にも地域の農協や自治体に

問い合わせてみるのもおすすめです。

2.収穫メインの短期バイト

夏休みや春休みなど、長期休暇を利用したい学生などに

おすすめなのが短期の住み込みバイト。

短期集中で農業体験ができることから、

「休みを利用して普段できない体験をしたい」

という社会人にも人気があります。

短期バイトは1~3ヶ月単位で募集が多く、

特に人手が必要になる収穫が主な仕事になります。

食事や部屋を無料提供してくれるところもあり、

生活費がほとんどかからないというメリットも。

住み込みという環境で寝食を共にすることにより、

「バイトが終わっても付き合いがある友人ができた」

というのもよく聞く話です。

ただお金を稼ぐだけではない、

その他の価値が手に入るところも農業バイトの魅力ですね。

短期の農業バイトの目的として、

「自然に囲まれて生活したい」「リゾート気分を味わいたい」

というものもよく挙げられます。

確かに観光地や温泉に近い場所や

涼しくて過ごしやすい地域などもありますが、

最初からあまり優雅なバイト生活を期待するのは危険です。

旬を逃すとせっかく育てた作物も出荷できなくなるため、

一気に集中して作業を終えなければなりません。

そのため、天気が悪かったり遅くまで作業が伸びても、

ギリギリまで時間を惜しんで体を動かし続けます。

また、実際には農業バイトで皆さんが想像するような

「自然に囲まれる」環境は、珍しい方かもしれません。

見渡す限り畑とビニールハウスばかりで、

農家さんの自宅と往復の毎日ということもザラです。

「こんなはずじゃなかった・・・」という失敗を防ぐには、

お世話になる農家だけでなく地域の評判も事前にチェックしましょう。

③時間をかけて幅広い経験ができる中期バイト

中期バイトは半年〜1年の期間がメインとなります。

仕事によっては体力的にきつい内容もありますが、

一定期間を通じて農業を体験することが可能です。

住み込みで部屋や食事を提供してくれる場合が多く、

農業の一連の流れをしっかり体験したい方におすすめです。

④通える農家で働く長期バイト

地元の農家に自宅から通いながら長期的に働くパターンです。

週2~3日など、一般的なアルバイト感覚で働くことが可能です。

「体力的に毎日は厳しい」「本業があるから1週間は無理」

などさまざまな制約がある場合でも、

気軽に農業に携わることができます。

単発・短期バイトの魅力

単発・短期の農業バイトは以下の点で中長期の農業バイトより魅力的です。

1.好きな作業を選べる

農業バイトには、作付け・栽培管理・収穫・選別・出荷など

段階ごとの作業があります。

中長期の農業バイトは最低でも半年程度の期間を継続して働くのが一般的で、

実際にどんな作業を行うのか分かりづらい点があります。

単発・短期であれば主にどんな作業をするのか事前に把握できるので、

好きな作業に絞って選ぶことも可能です。

「こんなにやることが多いとは思わなかった」などといった

ミスマッチがなくなります。

2.好きな時間や季節を選べる

同じ収穫でも作物によって「早朝・昼間・深夜」なのか、

「春夏秋冬」どの季節なのかが大きく異なります。

「炎天下で長時間の農作業はキツい」

「真冬の早朝収穫だけはしたくない」など、

やりたくない作業は避けましょう。

気軽に農作業を体験したい未経験者は

取り組みやすいのではないでしょうか。

3.悪天候時を避けられる

農業は自然環境との戦いでもあり、

特に収穫は悪天候でも緊急で行われることが多いです。

雨や風が強い中での慣れない農作業は、

危険が伴うこともあります。

単発・短期バイトであれば台風の時期を避けたり、

事前に週間天気などを確認することで

悪天候での作業をできるだけ避けることが可能です。

4.さまざまな体験ができる

農業は、育てる作物、働く地域、季節、農家の規模などによって、

得られる体験や見える景色が全く異なります。

初めは理想と現実のギャップが大きくて失敗したと思っても、

何度か繰り返すうちに農業バイトの楽しみ方もわかってきます。

働きながら全国各地を旅行する感覚で、

幅広い人脈や経験が得られたら

これ以上ない大きな財産になりますね。

求人の探し方とおすすめサイト

農業バイトは専用の求人サイトでの募集がたくさんあります。

また、自治体や農協も地元農家の求人を取りまとめる窓口になっており、

地域の特徴や労働条件について直接聞くことができるので、

働きたい地域が決まっているなら一度問い合わせてみるのもおすすめです。

求人内容はしっかり確認して、

労働条件やお給料などをチェックしておきましょう。

最低でも以下の内容は必須項目です。

・最寄り駅や交通手段

・住み込みの場合の宿泊条件

・休日の規定

・保険制度の有無

その他としては

有償ボランティアなのかアルバイトなのか、

時間外労働の割増賃金は出るのか、

もし途中リタイアした場合はお給料や交通費が全額支給されるのか、

などを重点的に把握しておきたいところです。

また、農家の経営ビジョンがわかるとイメージがしやすくなります。

経営者の就農に至るまでの経緯や経営目標、

アルバイトの皆さんに求めていること、

仕事のやりがいなどを問い合わせてみるのもひとつの方法です。

シェアフル

1日単位のお仕事紹介プラットフォームで、

短期間・短時間の仕事に特化したオンデマンドマッチングに特化しています。

単発バイトを豊富に掲載しており、履歴書や面接は不要。

アプリだけで簡単に応募可能です。

※農家のマッチング支援についてのプレスリリース

茨城県の農繁期を労働力シェアで支援

山梨県内でワークシェアリング事業開始

長野県の農繁期を労働力シェアで支援

公式サイトはこちら

デイワーク

農家と求職者を1日単位で結びつけるサービス。

これまで当たり前だった数週間単位での雇用ではなく、

単発でのその地域に住む方々が気軽に農業に関われる機会を提供しています。

本業がある方々が副業として休日に農業を手伝ってくれるようになった実績も。

2019年に北海道の十勝地方で本サービスを開始し、

完全自動で延べ4000人以上のマッチングに成功しています。 

公式サイトはこちら

ボラバイト

全国の若い世代を元気にしたいという想いから

新しい働き方の一つとして1999年に立ち上げられたサービス。

応募者の9割が初心者ですが、

好きな場所、期間、カテゴリーから選べるため、

ミスマッチを防ぐことができます。

公式サイトはこちら

あぐりナビ

農業生産法人、個人農家、牧場、畜産まで求人掲載数No.1のポータルサイト。

掲載求人の7割を現地取材をしているので、リアルな職場がイメージできます。

登録を行うと「あぐりナビ」専任アドバイザーへ、

就農・転職の電話相談を無料で行えます。

また、募集をかけている求人先からスカウトメールを受けることもできます。

公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一般的なアルバイトに比べて

大変なイメージのある農業バイトですが、

あなたの理想の条件や環境はきっとあるはず!

農業を手軽にいいとこ取りで体験したいなら、

自分にピッタリの短期バイトを見つけましょう!

おすすめの記事